トレンチコートって襟立てるの?そもそも、襟が立たないんだけど

 

トレンチコートには、衿を立ててハットを目深にかぶるハードボイルドなイメージがありますね。けれど、なかなかきれいに衿が立たないのが現実です。女性らしくキレイに着こなすコツは、トレンチの衿は立てないで、インナーのシャツの衿を半分立てることです。
シャツは、今流行りの小えりタイプを選ぶと、首元がもたつかずきれいにきまります。シャツの袖もきちんと折らないで、ラフにざっくり折り返します。レイヤードした春ニットも一緒に折って、たくし上げたトレンチの袖からのぞかせます。

 

衿ひとつのささいな着こなしで、ぐっとあかぬけた印象に変わります。その他の着こなしのコツをいくつか紹介します。

 

ベルトの留め方

 

前をきちんと閉めて着用する時には、普通にベルトを通したり、固く結んだりします。または、ベルトの左右の端をポケットに入れるのもラフでおしゃれです。

 

コートの前を開けて着る時には、後ろで結んだり、左右2ヶ所で結ぶこともできます。後ろでギュッと結ぶと、前身ごろが不自然に開きがちなので、ベルトが程よく緩むくらいにサイド2ヶ所で結ぶ方が、簡単にバランス良く着こなせます。

 

袖丈を短く着こなすコーデ

 

コートの袖をたくし上げると、こなれた印象になって、トレンチの魅力が倍増します。カラフルなニットと端正なトレンチの組み合わせは、大人っぽい雰囲気が漂います。

 

鮮明な赤や、きれいめグリーンのニットをインにして、バングルなどのアクセサリーを重ねづけするレイヤードファッションは、大人の余裕が感じられます。

 

ボトムはほどよいダメージデニムとローファーで軽やかにします。