春コートで人気のトレンチコートのお洒落な着こなし方は?

 

トレンチコート

レディースの春アウターで、人気のアイテムと言えば「トレンチコート」が挙げられますが、イマイチお洒落な着こなし方がわからなかったりしませんか?

 

実は、同じトレンチコートでも、着こなし方を変えるだけで、印象が変わったり、お洒落に見えたりするらしいのです。

 

ここでは、オシャレに見えるトレンチコートの着こなしのコツをまとめてみました。

 

 

トレンチコートの前のボタンは留める?留めない?

 

風が強い日や寒さが厳しい時には、もちろん前のボタンを留めて、ベルトを締める定番スタイルもアリですね。おしゃれに着こなす時には、トレンチの前を開けて、袖をたくし上げ、ベルト両端はポケットの中に入れます。それでだけのことで、ステキなトレンチスタイルになります。

 

前を開けるので、コートの下に何を着るか?で迷う場合は、コーデで盛るよりも、ニュアンスのあるシンプルなニットを選んで、リッチ感を上げるようにします。

 

例えば、生成りのざっっくりしたのニットに、黒のドロストパンツを合わせて色でメリハリをつけ、足元は旬のスリッパ・サンダルでトレンド感をプラスします。

 

 

トレンチコートと相性のいいインナーって?

トレンチコートと相性がいいインナーは、意外にもカジュアルアイテムなのです。かっちりとしたトレンチをセンス良く着崩すには、Gジャンやパーカと合わせます。シックな配色でまとめると、新鮮な大人のカジュアルコーデに仕上がります。

 

黒のパーカに、スリット入りの黒のニットスカートを合わせたり、短め丈のGジャンにグレーのリブパンツなどが好相性です。

 

 

トレンチコートの下に着るワンピースはどんなのがいいの?

 

ベーシックカラーのトレンチコートには、派手な柄よりも厚地でシックな雰囲気のワンピースを合わせる方が、トレンド感もありセンスアップします。

 

シンプルなラップデザインや、モード感のある素材のワンピースがおすすめです。

 

体のラインを拾わない、張りのある生地で、ゆるめのカッティングのワンピースが今っぽい着こなしにです。

 

大人っぽい着こなしに憧れる20代前半から30代にかけて、人気のコーディネートです。

 

 

トレンチコートの裾からスカートがはみ出してダサいんだけど…

 

トレンチコートでかっこよくきめたつもりが、コートの裾からスカートが中途半端に出てしまうと、途端に野暮ったく見えてしまいます。

 

そういう時には、タイトスカートを選んで、トレンチの前をラフに閉じるようにします。ひざが隠れるくらいのタイトスカートがおすすめです。

 

コートの前をかるく閉じて、インナーを覗かせるのがポイント。そうすることで、カジュアル感が増して、はつらつとした印象をつくります。

 

インの上下は、同じカラーにして縦のIラインを作って、すっきりと見せます。

 

薄くて軽いロング丈の着流しコートが今年の春のトレンド

 

2018年の春ファッションのアウターのトレンドを調べてみると、カーディガンも、コートも、ブルゾンも、ゆるっとしたシルエットが流行ってるみたいですね。

 

参考:レディース春ファッション2018〜今年のトレンド春服を探そう!

 

 

特に、ボタン無しの薄くて軽い「着流し風」のコートは、重ね着も出来るし、オシャレなレイヤードコーデも出来るし、ということで、今年の春アウターでは、注目のアイテムになっているようです。

 

トレンチコートの柄では、チェック柄に注目

2018 春のレディーストレンチコート

 

春のトレンチコートと言えば、無地が定番ですが、最近では、いろいろなブランドから柄コートの新作も登場しています。

 

2018年のレディース春服では、ギンガムチェックから、英国風の大きいチェックまで、柄物では、チェック柄がトレンドになっているので、トレンチコートでも、チェック柄に要注目です。

 

シルエットはオーバーサイズで、後ろを振り返ると、大きめのヨークが付いていたり、ベーシックに見られがちなトレンチコート「遊び心」を取り入れ、カジュアルな着こなしにも合うデザインが人気です。

 

 

インナーにコーディガンを仕込む着こなし方

 

夜の冷え込み対策とともに、オシャレな配色レイヤードコーデを楽しめるのが、着流しコートの下に、それよりは丈の短いコーディガンを仕込む着こなし方です。

 

コーディガンもボタン無しですが、パーカータイプなどにすれば、帽子の部分だけ外側に出てくるので、かなり「こなれ感」のあるコーディネートになります。

 

ニット素材のコーディガンにするなら、リブ編みなど、ニット地に表情がある編み方のアイテムを選ぶ…という手もあります。

 

ハイゲージニットのロングカーディガンもコート代わりになる

 

コートを着るほど、寒くない気温なら、ハイゲージで編まれたニット地のカーディガンもスプリングコートの代わりになります。

 

丈は膝丈くらい、やっぱりボタン無しを選び、ニット地なら、ちょっと透け感のあるもをチョイスすると、重ね着した時に、インナーが透けて、独特のニュアンスが楽しめます。

 

14G(ゲージ)〜16G(ゲージ)くらいのハイゲージニットなら、厚みもないし、デニムにTシャツのようなカジュアルな春コーデに羽織るだけで、軽やかで大人っぽい春ファッションを演出できます。

 

春は無造作にトレンチコートを羽織ってヘアースタイルも軽いフンワリヘアーで

もともと、パリの女性がするファッションスタイルで「あまり決め過ぎない感じなのに、統一感があって、こなれた春コーデ」が中学生の時から大好きです。

 

今は、年齢的にも流行り物に飛びつくこともなくなり、自分が好きだなと思う格好を楽しんでいます。

 

特に春になると着たくなるアイテムがトレンチコートです。

 

3年位前に、自分に似合うトレンチコートを、やっと見つました。

 

春や秋の中間の季節に大活躍をしているため、だいぶ私の身体に馴染んできた感じがして、ますますお気に入りです。

 

春になれば、私はヴィンテージの洋服が好きで、ちょっとレースなどついたブラウスを集めているので、ボトムスはデニムにして、お気に入りのブラウスとトレンチコートをサラリと羽織った春コーデをしようかなぁ、と今からコーディネートの計画を練っています。

 

ヘアースタイルは少し短めのボブなので、今は美容師さんに外国の人のように無造作な感じにしてもらっていて毛先がランダムになっているため、パッツリとした感じではないので、私のクセも生かした雰囲気になっています。

 

固くなり過ぎない感じなので、春の感じにはピッタリだと思っています。

 

なかなか、外国の人のような雰囲気を出すのは難しいですが、自分の個性を生かして春ファッションを楽しみたいです。